日本建築検査研究所の岩山健一先生は・・・

「欠陥が出ないように、最初からきちんと建てられた家と、欠陥が出て後から直した家とでは、耐久性が全然違います」とおっしゃいます。特に、家の土台となる鉄筋を抜くなどという行為は、「手抜き」とか「欠陥」では済まされないことです。家が建ってからでは、完璧には直せない、あくまでも補修工事になってしまいます。幾らで直せるとか、そういう金額の問題ではありません。私は、偶然2枚の写真を撮っていました。土台の鉄筋が露出している写真と、コンクリートを打った後の写真です。この2枚の写真が、鉄筋を抜いていたということと、現場を誰も監督していなかったという、決定的な証拠になりました。もしも、業者に任せっきりにして、現場を見に来なかったら、そして写真を撮らないでしまったら、鉄筋が抜かれていることを知らずにいたと思うと、恐ろしくなります。このたびの地震では、家が凄く揺れました。一刻も早く直して貰いたいのです。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する