スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水切りより上に土間が作られています

柱状杭鑑定写真5

 鑑定では、水切りより上に土間が作られているので、浸水が懸念されると、指摘されています。








「 パティオ土間コンクリートが、外壁水切りより約10センチ高く施工されており、浸水による土台の損傷が懸念される。また外部の独立柱においても、上間コンクリートに埋設されたような状態となっており、防水処理の状況が不明であり、浸水が懸念される状態にある。このような施工は通常行うべきものではなく、長期間の浸水等により、シロアリの発生を助長させることにもつながり兼ねない問題であり、補修を要する問題であると考えられる。 」(鑑定書より)


プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。