何故建物は返品できない?

買ったものに傷があれば取り替えてもらう。これは当然のことです。傷の無い完全な物が欲しくて、代金を払って買っているのです。傷がある物では、まだ契約が履行されていませんから、完全な物を要求するのは当然なのです。割れた物を、接着剤で直したとしても、傷物は傷物、新品とは違います。100円、200円の物でもそうなのですから、何千万円もする建物の場合には、もっと保障されるべきです。ところが、この理屈が建物については、法律上通用しないというのです。何故でしょうか。民法に次のような規定があります。

民法第634条第1項  仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができる。ただし、瑕疵が重要でない場合において、その修補に過分の費用を要するときは、この限りでない。
第635条  仕事の目的物に瑕疵があり、そのために契約をした目的を達することができないときは、注文者は、契約の解除をすることができる。ただし、建物その他の土地の工作物については、この限りでない。

つまり、普通は瑕疵があれば契約解除できるのだけれど、建物の場合には、できない。あくまで瑕疵は修理させて使いなさい。修理にあまりお金がかかりすぎると、修理も認めません。ということです。どうして、建物についてはこのようなことになっているのでしょうか。ある法律書には、建物を取り壊すのは、社会的経済的損失だから、と書いてありました。社会的、経済的損失とは、いったい何でしょうか。できたばかりの建物を取り壊すのはもったいない、ということでしょうか。売ることもできない欠陥住宅がもったいないのでしょうか。損失とありますが、取り壊して新しく建物を建てる場合、損をするのは誰でしょう。欠陥住宅を建てた者以外考えられなくはないですか。そうです。この規定は、建築業者を保護するためのものとしか読めないのです。この規定があるために、できてしまえば、こっちのもの、建て直させられることは無い、後でわかったら、ちょっと修理すると言ってごまかせばいい、とばかり、欠陥があっても見ないふりをして、工事を進行させてしまうから、取り返しのつかない欠陥住宅ができてしまうのです。
最近は、契約解除は認められないが、建替費用相当分の損害賠償を認めることで建替と同じような保障をするという判例もでてきたということですが、私が裁判所で受けた印象では、それはごくごく稀な例で、法律家や調停員達の認識はまだまだ甘いというか、時には敵にさえなります(裁判のこと、特に調停員のことはまたあらためて書きたいと思っています)。
立法に携わる者も、裁判に携わる者も、欠陥住宅に真剣に取り組まないと、欠陥住宅問題はなくならないのに。

欠陥住宅誰に相談すればいい? 2

建築協会の相談所に行ったこともありました。ここでの収穫は、書類が全く揃っていないことを指摘していただいたことでした。建築図面等を見て、これだけの書類では家は建てられないと指摘されました。それまで、建築検査済書と言って清水建築工房に渡されたものが、建築検査済書ではないということもわかりました。建築協会の相談所は、一般の建築士の方が相談を受けてくれているもののようでした。私の相談を受けてくれた方は、同じ市内に住んでいた方なので、直接家を見ていただきました。この家を建てる監理者は不在のようだと指摘されました。ただ、建築協会は相談を受けるだけで、それ以上のことはしてくれません。見たことを書面にして欲しいといっても、建築協会として書面を作ることはしないとのことでした。

欠陥住宅誰に相談すればいい? 3


建築協会では書面は作らないということだったので、相談にのっていただいた建築士の方に、建築協会としてではなく、個人として書面を作って欲しいと依頼し、受諾してもらいました。ただ書面がでてきたのは、1か月以上も後のことでした。また、清水建築工房に築後1年目の点検をさせた方がいいとアドバイスをいただいたので、この建築士の方に立ち会っていただく約束をしていました。当初は快諾を得たと思っていたところ、私は民間の一介の設計士にすぎないから、同じ民間の業者を非難したり、どうこうしろと言う様な立場には無いと言って、渋り始めました。建築協会で、颯爽と欠陥を指摘した時とは、明らかに様相が違っていました。腰がひけていました。私は、立ち会っていただいて、技術的な観点から意見を述べていただくだけでいいのですからと説得しましたが、だめでした。

  個人の建築士ではいざという時に頼りにならないと思いました。

欠陥住宅誰に相談すればいい? 4


最終的に岩山健一先生が代表をしている日本建築検査に検査を依頼しました。

  坪いくらという単位で検査費用がかかります。また、裁判所に鑑定書を出す場合は、その費用もかかります。家を建てて、お金の無いときに検査費用を出すのは苦しかったので、日本建築検査のことは知ってはいましたが、躊躇していました。しかし、それで解決に持ち込めたのですから、決して高くはありません。欠陥住宅と戦うためには、それだけの覚悟が必要になってきます。建築している段階でその都度点検してもらう費用を組んでおけばこんなことにはならなかったのですが。

  検査には、岩山先生自身も来てくださいました。専門の機器を持ち込み、検査する方は、こんなところまで入るのかと思うようなところにも入り込んで検査していました。この検査で、基礎に鉄筋が入っていないとか、基礎の一部が無いとか、いろんな欠陥が明らかになり、私たちは愕然としたのです。それまで、まさかそんな欠陥を作ってはいないだろうと、まだ清水建築工房を信頼する気持ちがあったのですね。

岩山先生には、清水建築工房と交渉する場にも立ち会っていただきました。裁判を起こすときには、弁護士を紹介していただき、調停の場には、岩山先生も同席してくださいました。最後までお世話になりました。どうしても、何故あんな会社に頼んでしまったのかと自分を責めることもありましたが、岩山先生は、あなたたちには何の責任も無い、欠陥住宅を建てた会社が100%悪いんですよと何時も言っていただいたおかげで、がんばることができました。調停が成立したときには、主張したことが裁判所に認められたんですよと喜んでくださいました。

もっと早く、できれば建てる前に、日本建築検査を知っていればと後悔しました。

笑ってしまいそうなキャッチフレーズを、鵜呑みにはしないと思いますが・・・

不動産屋が刊行していたり、出どころが定かではない地元誌、建築関係のパンフレットが、美容院や動物病院など、よく目につく所に置いてありますが、家を建てると決めたら、それらには目を通さないほうが賢明です。建築関係の雑誌を読みあさろうともしますが、時に参考になることが書かれてあっても、建築会社を選ぶ際にはくれぐれも慎重であってください。素人は、どうしても「見てくれ」に惹かれてしまいがちですが、見た目だけ素敵に建てるのなら、舞台のセットと変わりありません。2~3か月で壊してしまうセットとは違うのです。子から孫へと引き継がれていく家は、地盤改良・土台・躯体工事など、見えない箇所こそ、適切に、丁寧に工事が行われていなければいけません。失敗しない家づくりをする為に、建築会社を選ぶ前に、まず欠陥検査研究所のような、欠陥検査を数多く手掛けている専門の建築家を尋ねてみてください。私たち客は、どう頑張ってみても、建築に関して素人です。後から泣かない為に、お金を払ってでも専門家にチェックして頂いたほうがいい、それが失敗から得た教訓です。出来れば、家が完成するまで、その方々にサポートをお願いしたほうがいいと思います。私は、欠陥検査で「日本建築検査研究所」の岩山健一先生に大変お世話になりました。建築会社を選ぶ時点で、岩山先生の存在を知っていたら、間違った会社選びはしていなかったと思います。

「清水建築工房」は、材木だけはいいものを使っています。不思議です。なぜでしょう???

「清水建築工房」は、紀州産の材木を専門に扱っている材木屋から杉材を仕入れています。「清水建築工房」の建築中の現場を見せられたら、誰でも一本物の太い杉材に魅了されるでしょう。私は、多くの住宅展示場を回ってみましたが、これほど立派な杉材を使っているハウスメーカーを見たことがありませんでした。こんなに立派な国内産の杉材が手に入るということは、信用のおける会社なのかと思ってしまったのです。しかし、この杉材こそが、くせものでした。「清水建築工房」の社長は、「杉材は、乾燥に時間がかかるので、今買っておかないと建築に間に合わない」とか「早くしないと他の客に買われてしまう」と言っては私に契約を急がせ、「杉材の代金」と称して一括先払いをせっつくのでした。つまり杉材を、客に契約を迫り、早々に代金を支払わせて、もう後戻り出来ないようにする手段として使ったのです。一本ものの杉材を使えば、客を呼べるし、信用もさせられると、そう計算してのことでしょう。契約さえしてしまえばこっちのもの、お金さえ出させればこっちのもの、そういうことなのでしょう・・・私がお金を払った途端に、毎日頻繁に来ていた社長からの連絡が、プッツリ来なくなりました。いつまで待っても打ち合わせに入る気配もありませんでした。
材木を仕入れるお金が無いということは、自転車操業でやっている会社なのだと、気が付かなければならなかったのかも知れません。店に品物を並べないで、客からお金を貰ってから仕入れに行く商売なんて聞いたことがありませんから。早々の支払いを要求されたら、営業実績が思わしくない会社かも知れないと疑ったほうがいいでしょう。おかしいと思ったら、絶対に、お金を支払う前に、信頼できる建築士に相談してください。
自然素材を謳えば自然環境を考えるいい会社だと、いい材木を使えば信用ある会社だと、思いがちです。しかし、一番肝心なのは大工の適切で優秀な仕事ぶり、腕前なのです。「清水建築工房」のように、こんな姑息なことに利用され、散々な工事をされて、素晴らしい材木や漆喰が泣いています。

清水建築工房の社長と懇意にしている同業者、A建設のA社長に手紙を書いてみました。

清水建築工房と懇意にしていた同業の業者の方で、欠陥住宅を無くす為の、或る会に所属している方がいました。清水建築工房の社長とは、他県とは云え非常に親しい関係にあったようです。同業である建築のパートナーとして、また自然素材にこだわるというコンセプトのもと、二人で会社を立ち上げる計画もしていたようです。同業であるA社長が、もし本当の仲間であるならば、清水建築工房の社長の、「逃げる」という卑怯な行為を戒め、自分の行った行為に真摯に向き合って反省し、きちんと損害賠償に応ずるべきだ、と進言してくださると思ったので、連絡することにしました。清水建築工房の社長に私の家を建てて頂いたということ、多くの欠陥が発生し悩まされているということ、裁判所から判決が出た時点で逃げてしまったこと等々、同業者の立場から説得して頂きたい旨をまとめた手紙と、欠陥箇所をCDロムに収めてお送りいたしました。しかし、A社長は「私には一切関係の無いことですから」と、私が送った手紙とCDロムを一式そっけなく返してよこしました。同業者ではあっても、遊び興じるだけの仲間でしかなかったのでしょうか。「時間はかかるかも知れませんが、説得してみます」それ位の返事は頂きたかったです。とても寂しい関係だと思いました。同業の方はかえって言いにくいのでしょうか。それでいいのでしょうか。実は、最近、同業の方から私のもとに励ましのメールをいただきました。その方のように、同業者だからこそ、欠陥住宅を造る業者がいることを恥ずかしく思い、怒りを覚える感覚の方が健全なのではないでしょうか。

清水建築工房では、私の家の建築に1年2カ月(14カ月)もかかりました。契約日から数えて、実に1年7カ月(19カ月)です。

あとでわかったことなのですが、清水建築工房の社長は、私の家の工事と並行する形で、鎌倉の由比ヶ浜に自邸を建設していたようです。社長の息子がK大学付属幼稚舎を受験する体験記を、テレビで放映し、その際には、鎌倉の社長邸も映し出されたようです。私の家の引き渡しが11カ月も遅れたことが、自邸の建設を優先させ、客の工事を後回しにしたとしたら、由々しき問題です。私の家の工事は、3日来たかと思うと4日休み、4日来たかと思うと1週間休み、1か月丸々休んだこともありました。休みについての連絡は全くありませんでした。職人が全部、社長の家の工事に持って行かれたということのようです。工事に  14カ月、契約した日から引き渡しまでは19カ月もかかりました。しかも、すべて清水建築工房の都合による遅れです。これは、間違いなく契約不履行です。引っ越しが延期になった分、客はマンションなどの賃料を余計に支払わなければならない、それを考えれば、こんな無責任なことは出来ないはずです。近所の建築現場では、どの家も3~4カ月で工事を終えるのに、我が家は足場が組まれ14カ月に及ぶ工事で、ホロは汚く垂れ下がり、まさに近所の笑いものでした。

・元GPライダーが夜逃げ?

・元GPライダーが夜逃げ?
・ライダー時代ヒーローだった。誠実な方だったと思っていた のに残念です。
・憧れの人がそういうことをしたなんてショックですね。非常 に残念です。

「清水建築工房」の社長の名前で検索すると、私のホームページやブログを読んでくださった方が、早速、このような感想を寄せておられました。「気の毒なのは、被害にあった方ですよね」私のことを心配してくださった方、ありがとうございます。
本気で移り住むことを考えて、ご家族に却下された方・・ご家族が正解(笑)でしたね。「麻薬で捕まる奴」これはなるほど、いただけません。しかし、「欠陥住宅をそこいらじゅうに建てる奴」どっちが悪い奴でしょう?「こんな建築会社、見抜けなかったアンタが悪い。解決しなかったら離婚だからね」妻に何度も脅かされ、ずっと耐えてきた私です。家中が水浸しで、子供は喘息、妻は呼吸困難、こんな家にローンを払い続けなければならないストレス。何も悪いことをしたわけではない他人の一生を、それも多くの人の人生を、台無しにしながら、社長は今もどこかで、鼻歌交じりで欠陥住宅を造り続けているのでしょうか? 欠陥だらけの家に、何千万円も払わせて、謝罪もせずに、夜逃げ。これって詐欺とどこが違うでしょう?
社長は、ライダーと慕ってくれる若者たちに見せる顔と、人間性を見破ってしまった私たちに見せる顔が違うのでしょう。表の顔と裏の顔、二面性を持った人間なのだと思います。

マシンのメンテナンス・・・ライダーの命を守るために、見えない所のメンテナンスが、いかに大事かということを、元ライダーだった社長は、誰よりもよくわかっていた筈です。

整備士がネジを1本締め忘れても、ちょく命にかかわるような、シリアスな現場に身を置いてきて、社長はなぜ、客の命を危険にさらすようなことができるのでしょう。社長が建てた家は、一生懸命やったのに、たまたまミスしてしまったという、そんな生易しい欠陥ではありませんでした。「客なんて、見えない所は蓋してふさいでしまえば、なにもわからないんだから」そんな気持ちで建てたとしか思えないヒドさです。「なにもわかってない」のは、社長アンタだろ・・って言ってやりたいです。手塩にかけて育てれば、野菜も草花も、ちゃんとそれに応えてくれます。家造りだって同じことです。愛情を持って建てれば、家も、ちゃんと地震や風雨に耐えてくれます。信じて任せてくれた客の期待に応える為に、工務店がすることは、最大限努力して欠陥の無い家を造ること、これに尽きると思います。工務店選びが、賭け?であってはいけない。なんとかして業界全体のスキルを上げる方法はないものでしょうか?
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する