スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逃げたGPライダーを追え!!」 11 故の無い犠牲!!その1

故の無い犠牲!!その1

豪邸が完成し、息子は○○幼稚舎に通って、社長が意気揚々としていた頃、客はどうしていたか。
契約は、14年2月14日になされていた。
当初は11月完成の予定、しかし直されて出てきた工程表の完成は、12月になっていた。
どうしても年内の完成でなくては困る。
そう被害者は訴えた。
何故なら、その時の客の住まいは借り住まいで、年内に明け渡すことになっていたからである。
工事途中、なぜ清水建築工房との契約を解消しなかったのかと疑問に思われるかもしれないが、客としては、契約を解消して法的な争いになり、時間がかかるのは避けなければならない理由がここにあった。
まさか年は越すまいと考えていたし、その約束だった。
しかし、12月末にもまだ家には足場がかかっていた。
被害者は、住んでいる家から、追い出しをかけられていた。
もう年が明け、5月になっていた。
これ以上、貸主に無理をいう事はできなくなった。
やむ無く、被害者一家は、5月にまだ完成していない家に引っ越さざるをえなくなった。
しかし、まだ家は全く仮設状態だった。
水道は出るように清水建築工房に頼みこみ、何とかやってもらえたが、電気は引かれていなかった。
工事用の仮設電気のままだった。
工事で使った一個の裸電球の下で、子供連れの一家三人が肩を寄せ合って生活した。
ドライヤーなどで電気を使いすぎると、ブレーカーがすぐに落ちた。
その都度、外に出て、仮設の電柱に付けてあるブレーカーを上げに行かなければならなかった。
電気を引くよう手続きをして欲しいと清水建築工房に言ったが、照明を1個残さず、全部付けなければ、電気を引く許可は下りないと拒否された。
外の玄関もまだできていなかった。
地面から玄関までは、階段が4、5段ぐらい必要だったが、階段は応急に木で組んだだけのものなので、注意して降りなければならなかった。
雨の日は、玄関の外は泥だらけになっていた。
靴は泥だらけになった。
玄関の庇も無かったので、雨が直接玄関ドアに吹き付け、ドアがふやけて開かなくなった。
体当たりするようにして、ドアを開けて外に出た。これが新築の家での最初の生活だった。

   玄関階段に使われていた木
玄関先の階段


 

「逃げたGPライダーを追え!!」12 故の無い犠牲2

 故の無い犠牲!! その2

どんどん金額を上げられて、資金計画に苦慮して、客は自分ができるところは自分でやることにした。
何とか電気を引きたかったが、度重なる別途費用の支払いで、別途料金の照明の費用を捻出するのにも苦慮した。
そこで照明設備は、自分で数社に見積を依頼し、一番安い業者に取り付け工事も含めてお願いした。
これで照明費用は半減した。
漸く電気を引いてもらえることになった。
清水建築工房の話だと、関東電気保安協会の事前の検査が有り、1個でも照明が付いていないと、電気を引く許可が下りないということだったが、検査は無かった。
そして、まだ1ヵ所照明が付いていないところがあったが、特に何も言われることも無く、電気は引く事ができた。
あんなに、夜を徹して41ヵ所に及ぶ照明を、清水建築工房から渡された分厚い数冊のカタログの中から一つ一つ選び、見積を取り、照明を付けてもらった労力はなんだったのだろうかと思った。
嫌がらせだったのだろうか。

    見積依頼のために客がまとめた照明一覧表 
照明公開用 






















費用を削減するために、休みの日は、家族で室内のペンキ塗りをした。
ドアや、窓枠そして建具の全ての室内のペンキは自分達で塗った。
もっとも、それが見積書の何処から金額が削られたのか、削られていないのかわからなかった。見積もりがあまりにも概算なので。
いつになったら安心して暮らせるようになるのか、不安の日々だった。
客が、そんな生活をしている中、社長は豪邸で優雅な生活をしていたのだろうか。
  
    夜なのに子供もペンキ塗り
ペンキ塗り ぼかし 

「逃げたGPライダーを追え!!」13 金欲の末路!!

金欲の末路!!

思い立って建築士になって、そんなに簡単に成功できるほど、世の中は甘い物でもないだろう。
町の小さな工務店は、地元の信用第一に地道に仕事をして、初めて認めてもらうしかない。
しかし、社長は、父親から独立して「清水建築工房」を興したところへ、従業員への給料、下請けへの支払い、生活費、塾の費用、塾に通う交通費、鎌倉に土地購入費用、豪邸建築費用、〇〇幼稚舎の入学金、授業料、通学費諸々が必要になった。
起業して3年~4年そこらで、従業員2~3人の、田舎の小さな工務店が、費用の全部を捻出するのは、至難の技だったであろう。
客は、社長の家の裏側の事情など知る由も無い。
そんなことは客には関係の無い話だ。
なのに、社長にとっての客は、振れば振るほど金が出てくる“打出の小槌”に見えたようだ。
幸い会社は有限会社で、両親と妻が役員になり、会社の金は社長が一手に握っていた。
だから、自宅の建築費も、子供の学資も、そこから出すことに誰も抵抗はしなかったものの、会社の経営者として、やり繰りの負担は、一気に、彼の肩にのしかかった。
彼は良い建物を作ることより、金欲しさの為に、施主に対して金を要求する事しか考えられなくなっていたようだ。
自転車操業から焦りを感じて常軌を逸したのだろう、
「金はどうなってる?」
「本当に払えるのか?」
と、なんと、職人の前で、大声で客を怒鳴ったのも焦りのせいだったろう。
当然、客は彼から離れていった。
と同時に、やり直し工事の連続で、無駄な経費がかさみ、「清水建築工房」の経営状態は、悪化の一途を辿っていった。

事業をそのまま拡大していくか、縮小するか、社長の判断が必要な時期だったろう。
何とか事業の拡大を図ろうと、社長は、不動産会社と手を組み、『北鎌倉プロジェクト』と銘打って、北鎌倉の土地開発と、建売住宅の販売計画を進めることにした。
起死回生を図ったそんな矢先、彼は、‘欠陥住宅である’として裁判を起されてしまう。

「逃げたGPライダーを追え!!」14 虚飾の幕引き その1

  虚飾の幕引き!!その1

それは、ほったらかしにしていたあの客の工事だった。
契約から1年6か月経っても、家は完成していなかった。
さすがに、新しく入った社員から、あの家はあのままでいいのかという声が上がった。
その社員N氏が、社長を諌め、その家の担当を買って出て、進行しようとした。
客もその社員の進行したいという意欲は買った。社長をしり目に、N氏は大工を率いて工事に出掛けた。それで工事も進行はした。
このようにN氏が一生懸命になったのは、客にとってはありがたいことだった。
ただ、残念だったのは、当時のN氏は、雑な手抜きをする下請け職人を指導できるほどの、建築技術を持っていなかったことである。
何故なら、N氏の指揮の下で行われた工事にも後で、欠陥があることが明らかになってくるからである。(N氏は手抜きに気が付いていなかったと思いたい)。

当初の客の要望は全く充たされていなかったが、客も早く平穏な生活を送りたかった。
これから育てていかなければならない、まだ小学生の子供をかかえていた。
しかし、清水建築工房とのやり取りで、子供のことには目が届かなかった。
子供の人生の大切な時期を、こんなことで台無しにさせたくもなかった。家族三人で新居での新しい生活を夢にみていたのに。
設計当初に、幾つか、これだけは実現して欲しいと願った要望の一つの、窓飾りを付けたいという希望は設計に生かされていなかった。
別途予算と社長は言った。木枠を張りつけるだけならできますと言って、客を説得した。ヨーロッパ風の飾り窓のはずが、ただ木枠を張りつけただけのものになった。

当初の希望           出来上がりはこうなった(今では木枠は腐れかけている)
ExteriorHouseExplain02.jpg        
DSC01854.jpg











玄関とベランダの庇もまだできていなかった。その希望も設計には入っていなかった。
これも別途予算と社長は言った。
そこで、木の材料と人件費は清水建築工房が負担し、その上に張るポリカーボネートは客が負担するということで、客と社長の了解を得た。
木の材料は使い古した物でも持って行けばいいので、清水建築工房とすれば何の負担にもならなかった。
玄関漏水2  DSC00872縮小
DSC00869縮小 
玄関ベランダ庇と玄関手摺の現在の様子。
防腐処理していない使い古した木だったろうか。今では腐朽してしまっている。玄関ドアの上からは漏水している。





大工が、間違って柱を切ったがために、アイアンにできなくなった踊り場の手摺は、木の造作で何とかできないか考えてみますから、ということで、客の了解を得た。
しかし、すでにできてしまった狭い階段はどうしようもなかった。
社長は、客から工事途中も階段が狭すぎないか、物が運べないのではないかとしつこく言われていたが、お茶を濁していた。

暗く狭い階段
SANY0003小 

「逃げたGPライダーを追え!!」15 言い繕いと取り繕いと!!

言い繕いと取り繕いと!!

実は、この階段の狭さは建築基準法に違反していた。
それには客は気づかなかったが、こんな狭くて曲がった階段では荷物が運べないと心配していた。2階がリビングになるので、階段は使いやすい物にして欲しいと言っていたのに、こんなことになっていた。
2階にはキッチン、子供部屋もある。大きな冷蔵庫、ピアノを2階に上げなければならない。
実は、設計当初、詳細な持ち物リストを設計士に渡し、どのような物をどこに持ち込むか設計士に示していた。もちろんちゃんと持ち運びができるよう設計してほしいがためである。
設計士が自宅に打ち合わせのために来てもいたから、どのような物を持ち込むか現物を確認することもできた。
客が催促もした。
しかし、清水建築工房の設計士Mはそんなことには、全く無頓着だったようだ。
それがここにきて大変なことになる。
引っ越しの日になって、階段から冷蔵庫は運べない、ピアノは運べないと大騒ぎになる。
冷蔵庫は、引っ越し業者がベランダの手摺に両足をついて立ち上がり、何人かがかりで、1階から2階に持ち上げた。
ピアノは、家の側の河岸道路を運搬車が通れるように、県の許可を取った。
その河岸から、レッカーで2階に持ち上げた。しかし、それでは済まなかった。
ベランダのドアを外す為に、ドアのメーカーの業者を呼んで取り外した。
これで漸く引っ越しも無事終わらせた。今度は、これを外に出すときはどうしたらいいだろうか、これからソファーを買うのに何処から入れたらいいか、またこんなことをしなければならないのだろうかという、客の心配をよそに。

2階に持ち運べず1階に取り残されたマッサージ機
椅子小 

「逃げたGPライダーを追え!!」16 欺罔行為!!

欺罔行為!!
清水建築工房の最後の大仕事は、客に最終の支払いをさせることだった。
客から、検査済証を渡すように催促があった。
検査済証は、最後の支払いと交換で渡したいと連絡した。
こうして、最後の支払いも得ることができた。
実は、検査済証と言って、渡したものは、検査済証ではなく、ただの建築許可書だった。ここにきてまだ、清水建築工房を信用していた客は、検査済証と疑わずに受け取り、最後の支払いをしてしまった。
もともと検査など受けてもいなかった。
だから、客に、検査の時は、立ち会わせてほしいと依頼された時も、何の連絡もせずやり過ごしていたのだった。
このことは、後で詐欺ではないかとの追及を受けることになる。

検査済書モザイク 






しかし、兎にも角にも、こうして、清水建築工房は、やっと面倒な客から逃れる事ができたと思っていた。
しかし、それも束の間だった。
まだ完成した訳では無かった。手摺の無い踊り場は、まだそのまま危険な状態になっていた。あちこち床鳴りもするという症状もそのままだった。
そうこうしているうちに、決定的なことが起こる。

「逃げたGPライダーを追え!!」17裏切りの連鎖!!

裏切りの連鎖!!

窓から漏水してきたというのだ。
あれだけ、客から漏水をしないように建ててほしいと言われていたのに。

H17.8.26キッチン雨漏れ4 
窓漏水2原稿0007 
社長は、誠意を見せる格好をつけられるほど、この時は少し生活の余裕もできていた。
漏水調査の業者を向かわせ、周りをシーリング処理して修理しますと客に誠意を装った。
しかし、社長の意に反して、客からやってくれという指示は無かった。

さすがに客は、清水建築工房に疑問を感じていた。
提案されたシーリングだけの工事で根本的に止水することはできるのだろうか。
何より、同じ工法で工事されている他の窓は、漏水しないのだろうか。
案の定、その後他の窓にも次々に漏水してくる。その漏水は、窓だけでも4か所にも及んだ。

SANY0002.jpg 蜥悟ョ、・狙convert_20110530210157








DSC01123小 DSC01738小
次々と出てきた漏水








疑問に思った客は、神奈川建築協会に相談したり、家全体の欠陥調査を、第三者機関に依頼するなどした。
まず神奈川建築協会では、書類の不備が指摘される。契約書とは呼べないしろものだ。こんな書類では家は建たない。
何より客がショックだったのは、検査済証として渡されたものが、検査済証では無かったことだった。それとの引き換えに残金を払ったはずなのに。
清水建築工房に対する信頼は崩れていった。
しかし、それでもなお客には、この時点でも清水建築工房を信頼する気持ちが残っていた。
いくらなんでも欠陥を造るような工事はしていない。
構造はしっかりとした物を造ってくれているはずだ。
大工も腕は確かな人達だったはずだ。
その信頼が失われるのも時間の問題だった。

「逃げたGPライダーを追え!!」18 善と悪・・・人の見境!!

 善と悪・・・人の見境!!

この信頼もついには崩れる。
客は、第三者機関に家全体の欠陥調査を依頼する。
その結果、構造的な欠陥が幾つも指摘されることになった。
地盤改良が柱状杭工法では駄目なこと、基礎のアンカーが使われていない、基礎自体がつくられていない、基礎に鉄筋が入っていない、屋根や床に梁が入っていない、断熱材が入っていない、基礎一帯が中庭から漏水しているなど、階段幅が建築基準法に違反するなど、指摘された所は21ヵ所にも及んだ。
客にとって一番ショックだったのは、基礎土台の欠けている部分があることだった。
何故なら、これは作業している大工がすぐに気が付くはずだ。
土台が無い上に、木を渡した人がいる、その欠けている土台に木枠をはめた人がいる。
それは、大工に違いない。毎日のように客の妻は、いい仕事をしてもらいたいがために菓子などの差し入れをしていた。
客自体も休日などには、現場に出掛けて行って雑談などをしていた。
この大工達を信用していた。
性善説は通用しない。
これまでの人生観自体が否定されたように思えた。
人間は信用できない。


基礎土台をコンクリートで打たなければならない部分を木枠でごまかしている。そこに外側から浸水している。
DSC00811縮小 

「逃げたGPライダーを追え!!」19  経営責任からの逃避!!

経営責任からの逃避!!

結局、客はその後の清水建築工房の対応にも不信を感じ、清水建築工房に任せても修復は無理であろうと考え、裁判を起こすことを決断したのだった。
東京地方裁判所に、提出された訴状には、その後発見された欠陥も含め、27件の欠陥が指摘されていた。
裁判所には、社長は取締役と名乗る男を一人引き連れて、神妙な顔でやってきた。
それは何時もの通り、ポーズだけだったようだ。
社長は、被告として訴えられている身でありながら、茅ヶ崎出身の芸術家が芸術祭に出品すると聞いて、漆塗りの助手を買って出て、何ヶ月間にも亘って、香川県の孤島まで出掛けた。
遠路はるばる自慢のヴァナゴンを駆って、四国の孤島に行き、社長は、魚を釣り上げてはご満悦な顔で、美味しい物を食べては舌鼓を打ち、滞在を満喫した。
その様子は、彼のブログに載っている。


ヴァナゴン 







この当時は、おそらく会社は瀕死の状況にあったはずである。
不動産屋と提携して業績を伸ばそうとしていたようだが、客の確保は困難だった。
自分の会社が、恐らく瀕死の状態にあった大事な時期に、会社運営をほっぽり投げて、
遠い島まで、愛車のヴァナゴンを駆って出掛けていたことになる。
どうしてと、聞きたいようなものだ。
欠陥住宅の裁判は、この間も、進んでいた。月に一度、裁判に出席する為に、彼は、何度も、瀬戸内海の男木島と東京間を、車で往復していた。
この間、会社は社員に任せきりにしていた。

無題モザイク 無題2修正

「逃げたGPライダーを追え!!」 20 住人を黴が蝕む家!!

住人を黴が蝕む家!!

客の欠陥住宅に因る被害は、裁判中も拡大していった。
壁周り、天井、土台が浸水で何時も水浸しになっているので、黴が発生した。家に入ると黴臭かった。
その黴が、家の中に発生する風で室内を舞っていた。
何故、家の中に風が発生するかというと、断熱材がきちんと入っていないからだ。
部屋によって断熱材が入っていたり、いなかったりする。
しかもその断熱材の施工も雑だった。
そのため、室内の温度差によって風が発生するのだった。
室内にこんな強い風が吹くとは、鑑定してくれた建築士も驚いていた。

断熱材が全く入っていない床
DSC00811.jpg 







風は、カーテンを揺らすほどに室内を吹きすさぶ。冬は寒い。
家の中で風に吹かれている。
そして何より健康を害するのが、この風で、漏水で発生した黴が室内を飛び回っていることだった。

室内に生えた黴 
DSC01273_convert_20110516202440.jpg  DSC01229_convert_20110516201400.jpg

DSC01718小  DSC01719.jpg
























その黴が口から肺に入る。
一番先にやられたのは、何時も家の中に居る妻だった。
息苦しくなり、医者から処方された吸入器を使わないといけなかった。
子供も学校から帰る途中で息苦しくて、身動きできなくなった。
喘息と診断された。
二人とも何時も緊急用の吸入器を携えなくてはならなくなった。

吸入器 







階段は、指摘された通り建築基準法に違反する狭い階段で、しかも曲がりくねっており、階段幅も階段の高さも一段毎に違っていた。
なおかつ、踏むと沈み込んで、きしむところが3,4段あった。
この階段で妻が足を踏み外して、骨折した。
両手に物を抱えて降りようとしたところ、狭くて下が見えず、足元の不安定さに、足を取られて、踏み外したのだった。
全治3か月との診断だった。
主婦が歩く事ができず、一家は不自由な生活を強いられることになった。

プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。