犠牲になってしまう客

今年4月29日に起こった「関越自動車道の高速ツアーバス運転事故」では、46名の方が死傷されました。
この事故を受け、昨日、国交省から過労運転防止策としての案が出されました。
法律が見直され改正されるのは、常に多くの犠牲者が出た後であり、その度に「遅きに失した」悔しさがこみ上げてきます。
ディズニーランド行きを楽しみにして・・・娘に逢うのを心待ちにして・・・それぞれの夢を胸に、このバスに乗り込まれた方々を思う時、ハンドルを握るドライバー側に「客を目的地に届けるという使命」と、「客の命を預かるという責任感」が欠落していた事に、憤りを覚えずにはいられません。
私には今回のこの高速バスの事故と、欠陥住宅の問題には、類似点が沢山有るように思えてならないのです。
「清水建築工房」の社長には、建築士として「出来るだけ高い技術と知識を身につけ、誠心誠意、客の希望に添う努力をするという使命」と、「命を守る堅牢な家を造るという責任感」が欠けていた。
委ねられた側に、使命と責任感が無かったという点で、両者には大差が無いと言えましょう。
高速バス業界の熾烈な価格競争の中で、なるべく安い賃金でドライバーを雇う事によって、労働条件は厳しくなり、質も低下していきます。建築業界でも、儲けを優先するあまり、下請けを極力安い賃金で使い、その結果としてデタラメで欠陥だらけの家を造ってしまうという、同じ現象が起きています。
それぞれの業界が諸問題を抱えていたとしても、<客>には全く関係の無いことです。
関係が無いのに、犠牲になってしまうのは、<客>。非常に理不尽な話です。
総務省は2年前、高速バス業界に問題が生じている事を把握していたと言います。
にも関わらず、それを国交省が無視して取り合わなかった。問題を把握していながら、対策を取らなかった。今回の事故は起こるべくして起こったと言えるかも知れません。
もっと早く対策をとっていれば、今回のような犠牲者は出なかったでしょう。
建築業界にも同じような問題が起きている事を、国交省には知って頂きたいのです。
特に、修繕にも応じないし、損害賠償にも応じない、逃げの一手で欠陥を放置し続ける業者に対して、厳正な処分が下されるべきです。建築業界に逃げ得が横行するようになっては、悪のたまり場になってしまうでしょう。
今度こそ、犠牲者が出ないうちに、早急に対策を打ち出して頂きたいものです。

動き回る時が来た

今日も天気予報通りに、どしゃ降りの雨になりました。一時はバケツをひっくり返したような物凄い雨。災害は日本各地で発生しています。
我が家も、スポンジが水を吸うように、家全体がたっぷりと水を含んでいるのがわかります。サウナの中にいる時のように、部屋の中がモワッとして、空気がとても重いです。
「力になります」「出来ることは何でもやります」・・・このブログを読まれて、心配して下さっている同業者の方々から、ありがたい応援を頂きました。
すぐにでも工事に取り掛かりたい。
私達はずーっとその思いに駆られてきました。
しかし、裁判に1年6カ月を費やし、判決が出された後も今日まで2年間、いまだに損害賠償は支払われていません。
私達にも生活があります。
子供の学資金だけは絶対に用意しておかなければなりません。
先立つものが無ければ、工事に取り掛かることは出来ないのです。
落ちて寝たきりになった犬と、喘息の発作を繰り返す犬。
身動きがとれないという焦りの中で、二匹の看病に徹する歳月が2年以上に亘りました。
私達はブログを書くので精一杯でしたが、先月その看病生活に終止符が打たれました。悲しみに暮れながらも、私達は、これまでの時間を取り戻すべく、全力で欠陥住宅の問題解決に向かわなければなりません。
動き回る時が来た。
そう思っています。
神奈川県県土整備局、神奈川県建築士審査会、国土交通省、国会議員等々に対し、出来る限り実態を報告してみることにします。

ニセ建築士何故今まで見過ごされてきたのか!!

今年7月20日 国土交通省のホームページに於いて、ニセ建築士による業務が発覚したとの報告がなされました。
7月23日 国土交通省は、全国に11万箇所有る建築士事務所に対して、所属建築士の免許登録の有無を調べる為に、ダイレクトメールを差し出したと発表しました。
9月4日時点で、ニセ一級建築士の免許偽造が計15名発覚していますが、
今月14日に締切が行われた、ダイレクトメールの集計結果の発表が待たれるところです。
ニセ医者は度々発覚しています。何故、いままでニセ建築士がいるのではないか?ということが疑問視されて来なかったのか・・・何故、ここまで見過ごされてきたのか・・・ 不思議でなりません。
今回、建築士事務所を対象に免許の有無確認が行われていますが、事務所に属さない建築士や、二級建築士の免許の有無確認はなされていないようです。
ニセ建築士に対して、羽田国交相は「厳正な対処が必要である」と発言をしており、今回のニセ建築士に対しては、建築士法違反で刑事告発するとしています。
しかしニセ建築士は、一級建築士に限ったことではありませんし、建築士事務所に属する建築士に限ったことではありません。
無資格で、二級建築士を名乗り、設計・施工を行っているニセ二級建築士も、相当数いるやも知れません。
この際、国土交通省は
、「建築工事事務所に属する一級建築士」に限定しないで、二級建築士を含む、全建築士の免許登録確認を徹底的に行うべきです。
また、建築士の免許登録番号の確認を、誰でもインターネットで直ぐに出来るシステムを早急に確立するべきです。

ニセ建築士は、二級建築士の中にもいるのでは?

耐震偽装事件後に建築士法が改正され、建築士の資質と能力向上の目的で、定期講習が3年毎に実施されるようになりました。
奇しくも、その講習受講システムが、今回のニセ建築士の「あぶり出し」に繋がったとされています。
欠陥検査研究所の岩山健一先生のホームページを見てみると、今年1月、茅ヶ崎市公共施設の改修工事に関わった建築士の名前が、国に登録されていなかった事を発見したのが、岩山先生であったということです。
ちまたにニセ建築士が存在している事を、先生は、以前から察知しておられたようですし、建築検査を行っている建築士の中にも、多数存在すると書いておられます。
ならば、尚更の事、この機に、資格の有無を二級建築士にまで広げて再確認する必要が有ろうと思います。
ニセ建築士に対しては、厳しい制裁が必要であるとしながら、先生は、「建築士の資格を持ちながら、無資格のニセ建築士以下の建築士がいる事のほうがもっと問題である」という指摘もなさっておられます。
先生が仰るように、すでに資格を持っている建築士の「技量」と「モラル」が、非常に低いことのほうが余程問題です。
ニセ建築士防止の策として、免許を更新制にするとか、建築士名簿の閲覧を容易にするとか、色々と案が出ているようですが、一回で数千万円の仕事を請け負う人間に対して、「資格の与え方」「監督・処分の在り方」が、このままで本当にいいのかどうか?
この機会に原点に立ち戻って考えて頂く必要があると思うのです。

建築士の資格を持ちながら、ニセ建築士以下の工事を行っている建築士の方がもっと問題なのでは?

我が家を建てた「清水建築工房」の社長は、漏水数十箇所を含む百箇所近くにのぼる欠陥住宅を建てています。
それ以外に、建築基準法違反や、容積率違反、そして一部3階建てを2階建てとして申告し、構造計算も行っていませんでした。
又、地盤調査を実施しながら、指示通りの改良工事を行いませんでした。
岩山先生も嘆いておられるように、建築士の資格を持ちながら、無資格のニセ建築士以下の工事を行っている建築士が現実にいる・・・その証が我が家です。
これら工事のデタラメさは、単に「技量の低さ」で片付けられるものではありません。
社長は、不明瞭な見積請求をしたり、工事を途中放棄して引き渡しを1年も遅らせた上、危険な箇所の工事を残したまま、引き上げてしまいました。
これらは契約不履行であり、建築士のモラルつまりは、仕事に向かう責任感や誠意、延いては生き方、考え方の問題です。
更に、裁判で起訴され損害賠償を請求されている身でありながら、社長は、(裁判中に)自邸を売却し、得たお金を私への損害賠償に充てずに、鎌倉に土地を購入しています。
結審直前には、その土地の名義を妻の名義に変更し、法律用語で、「強制執行妨害罪」に当たる行為を行っています。
「強制執行妨害罪」は決して微罪ではありません。
しかし、何故なのか、そこに警察が動こうとしない現実が有るようです。
社長は、裁判所から出された判決を無視して夜逃げをして、行方をくらまし、結審して2年4か月が経とうとしている今も、損害賠償を一切支払おうとしません。
これらの無責任な行為に対して、罰則を加える法律が存在しない為に、逃げ回る社長に対して踏み込む事が出来ないでいるのが現状です。
早急に法律を整備して頂く必要が有ります。
7月上旬、私は神奈川県知事宛神奈川県建築士審査会宛に、これまでの経緯と、現在置かれている状況をご報告し、「建築士の在り方が非常に問題である事」と「厳しい制裁を加える必要がある事」を訴える内容の書簡を差し上げました。
また、立法府の国会議員にも同様の内容の書簡をお送りしました。

資格を持つ建築士のタガを緩め、やりたい放題を許している原因は?

新築したばかりの家に欠陥が発生した場合、工務店や建設会社が修繕を行って、そこでケースクローズということになります。普通はここで終わりです。
しかし、
①修繕を行わない業者には罰則を科すという、この一行の法律が無い為に、「清水建築工房」の社長のように、修繕を行わないで逃げ回る建築士が出てきてしまうのです。
「瑕疵担保責任」という義務は有っても、罰則を伴わない義務ですから、効力は有りません。修繕を行うか行わないかは、請け負った人間の誠意に頼るしかない・・これが現状なのです。客を守る立場から法律を制定するならば、罰則を伴った義務を制定するべきなのです。
「清水建築工房」の社長が修繕に応じる姿勢を一切見せなかったことから、私は裁判をするしかありませんでした。第二ラウンドの熾烈な戦いに進まなくてならなかったのです。
②裁判所の判決を無視して逃亡した場合は、罰則を科すという、この一行の法律が無い為に、社長は、裁判所の判決を無視して逃亡し、行方がわからなくなってしまいました。
居場所を突き止める事が出来なければ、逃げ得を許してしまう事になります。
③裁判所の判決を無視して、損害賠償を支払わない場合は罰則を科すという、この一行の法律が無い為に、社長は元の家に戻り仕事に就いて収入を得ていながら、損害賠償を一円も支払おうとしない行為を罰する事が出来ないでいるのです。

罰則を科さなければ義務に従わないとは、誠に情けない話ですが、建築業界に性善説は通用しないという事です。
欠陥の被害に遭うだけに留まらず、客が第二ラウンド、第三ラウンドと、何年にも亘って闘い続けなければならないのは、客を守る①②③の法律が無い事なのです。
法律の不備と厳罰の無さが、資格を持つ建築士のタガを緩め、やりたい放題を許し、ニセ建築士以下にしている、私はそう思っています。

元モーターサイクルレースライダー=清水建築工房=現在廃業中

「清水建築工房」の社長が建売住宅を建てて売り出そうとした300坪の土地を見に行って来ました。
物凄い急斜面の雑木林で、急斜面の頂上には家が建ち並んでいました。
崩れて、頂上から家が降ってきたら一溜まりも有りません。
「ここに家を建てたら危険だな!」そう直感しました。
客の身の安全を考えれば、売り出そうという発想など湧かない土地です。
社長は、なぜ危険な急傾斜を買い求め、家を建てて売ろうとしたのでしょう?

「清水建築工房」の社長は、「建築業の認可取り消し処分」を受けていたので、この開発には関われない筈でした。
しかし、他の会社を巻き込んで、その会社の名前を使わせて貰うというやり方で、市役所に開発許可の申請を行ったのです。
ウィキペディアの中に、「元モーターサイクルレースライダー=清水建築工房=現在廃業中」と書いてありますが、「神奈川県から建築業の認可取り消しという重い処分を受けて、建築業が出来なくなった」というのが真相です。

「廃業」したからと言って、社長が建てた欠陥住宅の損害賠償の責任が無くなった訳ではありませんし、被害者はこれからも増えていくでしょう。県から重い処分を受けている身である事を、そして、客に対して一生掛かってでも果たさなければいけない責任を負っているという事を、社長にはもっと自覚して貰いたいものです。

社長がこのブログを読んでる?

最初にこのブログを立ち上げた目的は、広くブログを読んで頂いて、夜逃げをした「清水建築工房」の社長を探す為でした。
「こんなこと、世の中に有っていいの?
なんとかしなければいけないんじゃない?
このままにしてちゃ、日本っておかしくなっちゃうよ」
・・そう考えるうちに、「清水建築工房」の社長の行為は、「罪」に値する行為ではないか?
と思うようになってきたのです。
日本建築検査研究所の岩山健一先生に欠陥検査をして頂いた時に、「清水建築工房」の社長は、先生の前で、修繕することを私に約束しました。
しかし、その約束も守りませんでした。
裁判の判決を受けて、損害賠償を支払うことにも同意しました。
しかし、その同意も2年3か月が経過しようとする今も守られていません。
早く解決に向かおうと、こちらが、建築士や弁護士を雇って交渉に当たっても、「清水建築工房」の社長は、絶対に弁護士を雇おうとはしません。
双方の弁護士間で、論理的且つ常識的に話し合えば、簡単に解決出来る問題を、寧ろ、解決を避けて、時間稼ぎをして、のらりくらりを続けている・・・そんな様子です。
昨日、当方弁護士から、メールが入りました。
「清水建築工房の社長が、ブログを読んで怒っているそうだ。
書面を送り返すように頼んでも送って来ないし、電話をしても一切出ないし、連絡が取れない」と、今度は、私のブログのせいにして、連絡を絶つ行動に出ました。
これまでも、約束は守らない、連絡を絶つ、まるで駄々っ子のように、こんな事を繰り返してきた社長です。
いくらこちらで弁護士を雇っても、これでは交渉が成り立ちません。
このような人に、建築士の資格を与えている神奈川県知事に、私は、最終的に責任が有ると思っています。
資格を剥奪して頂きたい、そう願って県知事に、直接手紙を出しました。
欠陥住宅を建てた事よりも、客と向き合おうとせず、欠陥にも目を向けず、反省するでもなく、責任を取ることもせず、ただ一貫して保身の為に逃げる・・この事のほうが、ずっと罪深い行為であり、法整備が必要だと思っています。
その為にも、「今、こんなことが起こっている」ということを世論に訴えて、社会問題として取り上げて頂く事に、力を尽くす心算でいます。

私達家族と同じように怒りを感じて下さる方がいる!!

しばらくブログの更新をおろそかにしてきましたが、その間に様々な進展がありました。
一緒に、これはひどいと言って下さる方々との出会いがありました。
清水社長やその周りの人たちと関わってきて、人間というものが信じられなくなってきていましたので、本当にうれしい出会いでした。
やはり私達家族と同じように感じて、怒りを感じて下さる方がいる・・・本当に励まされる出会いでした。
その方々は、それぞれの立場で、動いて下さっています。
岩山先生からのブログのリンクもいただきました。
http://ameblo.jp/jikenbo100/theme-1000959339...
岩山先生にも心配いただいています。
ありがたいことです。
私も、臆せず、そしてできることをこれからも探していきたいと思います。




この問題を取り上げて下さったテレビ朝日のスタッフの皆様に・・・感謝!!です。

とことん最後まで闘う・・・その心算で、私達はスタートラインに立ちました。
ハードルを幾つかクリアし、これから先、まだ幾つ有るかわからないハードルを、更に越えなければなりません。
放送前、緊張感に、心臓がバクバクしていたのを覚えています。
隣にいた子供の心臓に手をそっと当ててみると、子供の心臓も、同じようにバクバクしていました。
ここまで、8年にも亘る「清水建築工房」との闘いを、ほんの20分足らずの時間内に、上手にまとめられたスタッフの皆様の、頭の回転の速さ、優秀さには、ただただ脱帽です。
それにしても、テレビの力は凄いです。
一気に、ハードルを100個位飛び越えた感じです。
「悔しくて、泣きました。あんな人、なんでのさばらせておくの?」
「捕まえて、牢屋に入れる事は出来ないの?」・・・Aさんに対する怒りのメールが、放送直後に、続々寄せられました。
人の物を1円でも取れば、刑事罰で警察に連れて行かれます。
罰する事が出来るのです。
それなのに、数千万円の建築を請け負って欠陥を生じさせ、修繕もしないで、損害賠償も払わないで、知らんぷりをして放置する人間を、
罰する法律が無いとは!!余りにも理不尽な話です。
何でこういうことがまかり通るのでしょう?
国会議員の中に、建築業界からたくさん政治資金を貰って、仲良しこよしの族議員が多い・・その為に、建築業界に不利になる法律は、作れない・・この国では、そういうことがず~っと続いてきたのです。
A氏のような建築家を野放しにしておく事は、決して日本の建築業界の為に良い結果を生まないのに・・です。
正義が通る国に、変えていかなければいけません。絶対に!!
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する